換気のお願い

小型湯沸器をご使用になる際は、必ず換気を行ってください。

ガスが燃えるには、新鮮な空気が必要です。
換気が不十分だと一酸化炭素(CO)中毒が起こる恐れがあります。
小型湯沸器の使用中に度たび火が消える場合は、直ちに使用を中止してください。点検が必要なため、弊社または販売店にご連絡ください。

ただし、煙突式風呂釜(煙突が1本の風呂釜)入浴中はお部屋の換気扇をストップ!

屋内に設置された煙突式風呂釜(煙突が1本の風呂釜)でお風呂を沸かしているときやシャワーを使っているときは、隣接するキッチン等のお部屋で換気扇を使用しないでください。
風呂釜の排気が逆流して、一酸化炭素中毒を起こすことがありますので、煙突式風呂釜と隣接したキッチン等の小型湯沸器を同時にご使用いただくことはできません。

金網ストーブに異常が現れたら、すぐに使用を中止してください。

ガスストーブをご使用の時は、必ず30分に1回、1分間程度窓を開けて換気を行ってください。
なお、お使いの金網式ガスストーブに次のような現象が見られたら、不完全燃焼している可能性がありますので、ただちに使用を中止してご連絡ください。

  • 金網が変形または破損している
  • 使用中に赤熱ムラが現れる
  • ススが出る
  • 嫌なニオイがする
青梅ガスではお客様のお申し出により、金網式ガスストーブの点検(一酸化炭素の測定検査)を実施しております。金網式ガスストーブをお持ちのお客様はご連絡ください。

業務用ガス機器を使うときも換気は必要です!

飲食店など、業務用にガス機器をお使いの時も換気に注意してください。

  • 換気扇・排気ファン等で常時換気するよう皆様で心がけてください
  • 湯沸器をご使用の際も忘れずに換気してください
  • 流し台と湯沸器の設置場所が離れている場合も換気装置を運転!
  • 換気が出来ない場合は使用を中止して販売店にご相談ください

古いガス管をご使用の場合(経年ガス管交換)

古くなったガス管(経年ガス管)のお取替えについて

青梅ガスでは、お客様にガスを安全にご利用いただくために、古くなったガス管(経年ガス管)のお取替えをお勧めしています。旧来(昭和期)のガス管の多くは、鋼管の表面に亜鉛メッキを施したもので、特に地中に埋設されているガス管は、露出のガス管と異なり腐食しやすい環境にあります。
近年では、腐食しやすい埋設部分のガス管については、耐食性・耐震性に優れた「ポリエチレン管(PE管)」を使用しております。

今後ともガスを安心してお使いいただくためにも、埋設部分のガス管を「ポリエチレン管 (PE管)」にお取替えくださいますようご検討ください。なお、お取替えの目安は、一般的におよそ20年程度といわれています。

現地調査・見積もり(無料)

現地調査・見積もりをご希望のお客様はご連絡ください。
担当スタッフがお客様のお住まいにお伺いし、ガス管の状態を確認させていただきます。また、その状況を基にガス管のお取替え費用のお見積もりをご提示させていただきます。

ガス管の取り替えとガス管の資産区分について

※ 敷地境界部よりガス消費機器側(お客様の敷地内)のガス管は、お客様の資産です。

お問い合わせ
青梅ガス株式会社 供給部 保安グループTEL 0428-31-8111
【電話番号のお掛け間違いにご注意ください。】