都市ガスご利用までの流れ

  1. 1.初めてのご連絡

    まずは、お電話でご連絡ください。お客様のご住所をもとに都市ガス管が近隣に埋設されているか、弊社の導管網図(マッピングシステム)でご確認いたします。

  2. 2.ご相談・お打ち合わせ

    ご使用になるガス機器やガス配管ルートなど、お客様のご希望をお聞かせ下さい。
    ご利用プランと見積書のご提示に向け、お打ち合わせを進めさせていただきます。
    尚、ご新築における見積のご依頼の際には、配置図・平面図・基礎図のご提示をお願いいたします。

  3. 3.プランご提示

    ご利用プランと見積書をご提示いたします。
    お客様のご希望に沿うものかジックリとご覧いただきご検討ください。お気に召さない内容であれば、是非、お申し付けください。 喜んで新プランを作成いたします。
    (お見積書の提出までに1週間程度のお時間をいただきます。)

    小工事見積単価表(PDF)

    内管工事見積単価表(PDF)

  4. 4.切り替え工事のお申し込み

    切り替え工事についての書面をご確認いただき、工事をお申し込みいただきます。
    (工事受発注についての書面を作成いたします。)

  5. 5.切り替え工事/ガス使用手続き

    プラン通りに切り替え工事を開始します。
    工事完了後にガス配管の漏洩検査とガス機器改造(都市ガス用部品交換)を行います。
    併せて、ガス使用(ガス開栓)手続きを行い都市ガスをご利用いただけます。

[ガス機器改造について]

ガス機器には、適合するガスの種類がございます。そのため、プロパンガス用機器の部品を都市ガス用の部品に交換いたします。(機器の型式・年式によっては、改造部品の調達が不可能な場合がございます。)

ガス内管工事の標準モデルに基づく参考見積額について

<ガス工事参考見積金額(標準モデル)>

工事1件あたり:126,511円(税込)

※上記参考見積金額は、経済産業省が作成した標準モデルの条件に基づき算定した金額となります。
(見積条件・平面図・見積金額内訳は下記をご参照ください。)

≪ 標準モデルの見積条件 ≫

  • 新築の戸建木造住宅
  • ガス機器:2台(設計対象は、以下のガス流量とする)
    (1) 24号ふろ給湯器【 ガス消費量(ガス流量)⇒ 給湯3.71m³/h、風呂0.92m³/h 】
    (2) ビルトインコンロ【 ガス消費量(ガス流量)⇒ バーナA 0.35m³/h、バーナB 0.35m³/h 】
  • ガスメーターまでは、PE管の埋設配管(延長9m)
  • ガスメーター以降は、フレキ管の露出配管
  • 機器接続工事は見積りに含む(ガス栓は機器接続ガス栓)
  • 外壁貫通における穴あけ及び穴補修等は見積りに含まない
  • 上記以外の口径、配管ルート、支持金具等の仕様は各社の標準仕様による

<標準モデルに基づく平面図>

<上記参考見積金額の内訳>

項目 数量 単位 単価(税込) 金額(税込)
基本工事費 1.0 24,750 24,750
30A PE管 9.0 m 4,455 40,095
20A フレキ管 12.5 m 3,740 46,750
15A フレキ管 1.5 m 3,740 5,610
20A UIネジガス栓 1.0 3,784 3,784
15A ULネジガス栓 1.0 2,882 2,882
フレキガス栓接続 2.0 ヶ所 1,320 2,640
合計 126,511
  • ※ 上記参考見積額は、2021年4月1日時点の金額となります。(消費税等相当額10%)
  • ※ 上記参考見積額は、お客様敷地内のガス工事費であり、ガス機器の費用は含まれておりません。
  • ※ 敷地形状やガス配管延長、ガス工事内容により、実際にお客様へご提示する見積金額は異なります。
  • ※ 外壁・基礎貫通部における穴あけ・補修等の付帯工事費は別途費用がかかります。

小工事見積単価表(PDF)

内管工事見積単価表(PDF)